防水工事

建物には、木造、鉄筋造、TCなど、様々な工法があり、それぞれに長所・短所があります。また、国道に面している、海が近く塩害の影響を受けやすい、風がもろに当たるなど、環境によって対策も一考しなくてはなりません。

それは建物ではなく、防水も例外ではありません。そんな現場を長年の「現場感」で捉え、その「適所」に基づき、多様な種類のある防水材の中から何が必要かを見抜き「施工」する。何も不当に最高級の素材を使う必要はありません。我々職人が直接作業現場を見て「適材」を使用します。

もろちん、無駄に費用を抑えて長持ちしないものも使用しません。すべてお客様の立場に立ったご提案をいたします。

防水工事について

建物を雨や雪、紫外線などから長期的に保護して、家屋の劣化を防ぐのが防水工事です。

様々な工法がありますが、JWカンパニーでは建物を出来る限り長く保つために、防水工事をご案内しております。

改修時期の目安

一般的に施工会社の保証期間が10年の場合が多い為、一般的には10年を目安に改修をご検討して頂くのがよいかと思いますが、もちろん風雨や着雪の状況、幹線道路沿いで振動の多い場所など、この目安は変わってきます。但し、破れや亀裂、浸食といった一目で劣化が確認出来る際には早急な補修が必要です。雨漏りは不快なだけでなく、余計な水分を建物の内部に浸透させるため、建物自体の崩壊に繋がります。また、湿気は害虫の温床にもなりやすく、特にの腐った木材はシロアリの好物でもありますからすぐにメンテナンスをする必要があります。

防水材の見極め

防水材の種類は多く、建物によって適切な防水材も異なります。そのため、弊社スタッフが現地にて確認を行い、その上で適切な工法と防水材を選定・提案いたしますのでご安心ください。一番高価なものを使わなくとも同じ品質で代替できる場合はそちらを利用します。

シーリング工事について

シーリング工事とは、外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間など、住宅に存在するありとあらゆる隙間を埋める工事の事をいいます。

シーリング材を充填する目地は、壁面・サッシ廻り等必要に応じて、設けられています。

この目地の役割としては、主に「部材同士がぶつかり合うのを防ぐため」というものがあります。それはどういうことかというと、コンクリートをはじめとする建物の構成部材は、気温や湿度によってわずかに膨張したり収縮したりするものなのです。

それだけに目地は、風雨等の自然現象以外にも経年劣化が生じやすくなります。

劣化したシーリングは、水を透しやすくなり、サッシ廻りから漏水したり、コンクリート内に水が浸透します。シーリングを更新する事により、水密性と気密性を維持するかが大切になってきます。その様にシーリング工事は水密性と気密性を確保し、目地の破損を防ぐ意味で非常に大切な役目を持っているのです。

スマートフォンの方は画像タップで電話が掛けられます。

JWカンパニー

〒310-0853

茨城県水戸市平須町1816-1

見積依頼 tel 029-297-7636

営業時間 9:00~21:00

茨城県知事許可(般-21)
第032802号

JWカンパニーからのお知らせ

ページ上部へ戻る