外壁塗装

外壁の塗装工事をご検討されているお客様に必要な外壁塗装の基本的な知識を茨城県水戸市の地域密着の塗装店JWカンパニーが分かりやすくお伝えします。

外壁塗装について一般的な知識から、外壁材の傷む原因や外壁塗装の工事方法・お薦めの塗料材・施工価格・施工に関する注意点について分かりやすくまとめました。

外壁塗装は、建物の美観だけでなく、家の腐朽や雨漏り、外気を防ぐ為にも欠かせない大事な工事です。住まいの外壁塗装を検討中のお客様は、是非一度ご覧下さい。

窯業系サイディング外壁塗装について

窯業サイディングの外壁塗装についてお伝えします。

窯業系サイディングとは、セメント質と繊維質を主な原料にして、板状に形成した外壁材の事です。窯業サイディングボードの大きな特徴は、デザインが豊富、防火性が高く施工が容易、モルタルに比べ、施工期間を短縮させる事が可能と言ったメリットが挙げられます。柄や色などのバリエーションが豊富なことから、窯業サイディングは、最近の一般住宅では一番多く使用されている外壁材です。

モルタル外壁塗装について

モルタルとは、「セメント」に「水」と「砂」を練り混ぜたものを『モルタル』と呼びます。

モルタル外壁とは、モルタルとメタルラスや補強ネットを重ね合わせたミルフィーユ状の建築資材の事を言います。 外壁モルタルの特徴としては、モルタル外壁の塗り厚さは15〜20mmで、重さの面で住宅の外壁に適しており、また他の外壁材にはない、形状の自由度、吹き付けタイル、吹き付けリシン、スチップル模様、コテ模様、くし目模様等といった、豊富なテクスチャー、防火性、防音性に優れる点が挙げられます。1990年以前の一般住宅の外壁には、モルタル壁が比較的多く使われています。

ALC外壁塗装について

ALCパネルとは、“Autoclaved Lightweight aerated Concrete” (高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の頭文字をとって名付けられた外壁材で、モルタルやコンクリートよりも、比重がとても軽く(コンクリートの約4/1の軽さ)、断熱性(約1/10の熱伝導率)、耐火性にも優れています。

ALCパネルを外壁材として使用する場合、耐水性を持たせる為に塗装をする必要があり、吹き付けタイルや吹き付けリシンなどによって、ALCパネル自体に高い耐久性や耐水性を持たせます。

金属系サイディングボード・トタン外壁塗装について

金属サイディングとは、成型・エンボス加工された金属板と裏打材によって構成された外壁材で、窯業系サイディングと同様、施工性に優れている点が大きな特徴です。

また、金属サイディングは窯業サイディングよりも軽量で断熱性に優れ、省エネ効果があります。しかし、金属サイディングも、窯業サイディングと同様に塗装による仕上げの為、金属サイディングを保護するトップコートが経年劣化してしまうので、定期的な外壁塗装によるメンテナンスが必要になってきます。トタン板は、施工性・耐食性・経済性等に優れている外壁材と言えます。トタン板も、塗装仕上げのため、塗装の経年劣化によってトタンに錆びが生じる為、定期的な外壁塗装によるメンテナンスが必要です。

スマートフォンの方は画像タップで電話が掛けられます。

JWカンパニー

〒310-0853

茨城県水戸市平須町1816-1

見積依頼 tel 029-297-7636

営業時間 9:00~21:00

茨城県知事許可(般-21)
第032802号

JWカンパニーからのお知らせ

ページ上部へ戻る